車中泊

車中泊は本当に低予算なのか?宿泊との比較

低予算

なおや
旅行の費用はなるべく安くしていろいろなところにたくさん行きたい。

とりあえず、いい宿には年に1回くらい泊まれればいいかな。

このように考える方も旅好きには多くいると思います。

特に温泉や神社、有名な食事処など、目的が宿泊施設にない場合には、宿泊代はなるべく安く済まして他にお金をかけたいもの。

そこで、最近人気が高まっている、

車中泊

低予算で行きたいとこに行ける!

とメリットが多いですが、

実際に車中泊って宿泊と比べて低予算で行けるの?

って疑問に思ったことありませんか。

今回の記事ではその疑問を解決していきたいと思います。

 

ここに文章この記事でわかること

  • 車中泊は低予算と言われるけれど実際のところどうなの?
  • 低予算とはいえ車中泊では初期費用いくらかかかる。
  • 車中泊以外の低予算旅行のすゝめ

実際の体験をもとに記事を書いているのでそれなりに参考になると思います。

車中泊は本当に低予算なのか?宿泊との比較

やはり、車中泊は低予算で行きたいところにいけますね。

今回、お盆休みに行った草津までの旅を、

車中泊 “なし”“あり” で比較してみました。

今回の旅行の目的は『草津の温泉めぐり』で

行きたい温泉は、

  • 夜:草津温泉 大滝乃湯
  • 翌朝:西の河原温泉

です。感想は、最高でした!!

【草津】2019年8月大滝乃湯に行ってきました【車中泊】

人気の温泉地が空いている時間帯は朝一番です【西の河原露天風呂】

 

結果は次のとおりで、

宿泊(車あり)

交通費(片道)高速代
川越→渋川伊香保
¥1,880〜¥2,440
宿泊費 普通のビジネスホテル
朝食 夕食 あり
¥12,000
草津温泉 大滝乃湯 入館料 ¥900
西の河原温泉 入館料 ¥600
1泊2日 合計 ¥18,380

 

でして、車中泊は、

 

車中泊

交通費(片道)高速代
川越→渋川伊香保
¥1,880〜¥2,440
宿泊費 ¥0
草津温泉 大滝乃湯  入館料 ¥900
西の河原温泉 入館料 ¥600
夕食 ¥800
朝食 ¥1,200
1泊2日 合計 ¥8,380

こんな感じです。車中泊は安いですね。

宿をもっと格安で選べばもう少し安くなるかもしれませんが、、、

2回宿泊したら、車中泊だと1回余分にどこかいけます。

ちなみに、車がない場合はこちらで、

宿泊(車なし)

交通費(片道)北浦和〜草津温泉
電車・バス使用
¥7,470
宿泊費 普通のビジネスホテル
朝食 夕食 あり
¥12,000
草津温泉 大滝乃湯 入館料 ¥900
西の河原温泉 入館料 ¥600
1泊2日 合計 ¥28,440

 

車中泊であれば3回程度行けそうですね。
ともあれ低予算で最高!な車中泊にも向き不向きはあります。

こんな方にはおすすめできないかなと思う点は、

  • 値段よりもクオリティーを求めている。
  • 場所が変わると眠れない
  • 車が狭い

どれも理由としては、

旅を楽しめない可能性がある

ということでして。

車中泊をすることが目的なのか、旅を楽しむことが目的なのかを忘れずに是非検討してみてください。

車中泊も楽しむくらいのメンタルであれば最高ですね!!

何事も迷ったときは初心に帰るが大事ですな。

低予算とはいえ車中泊には初期費用がかかる

車中泊を最低限快適に行うには初期費用がかかります。

ただし、家にあるもので代用すれば初期費用はほぼかからないと言っても過言ではありません。

車中泊を快適に行うために最低限必要なものについては、こちらの記事に記載していますのでこちらをどうぞ。

【節約】初心者の人が車中泊をするのに必要最低限のグッズを紹介。

車中泊の目的=カラダをしっかりと休めること

なので、このミッションを達成するためには快適に寝るための準備が必要になります。

一般的に車中泊をするのに持っておいたほうがいいと言われるものを揃えるとなると、

  • マット        ¥3,000
  • シュラフ    ¥3,000
  • ランタン    ¥2,000

合わせて ¥8,000 程度かかります。

意外とお金かかるじゃん。

と思われる方もいますよね。

今回の記事は “低予算で” がテーマなので、なるべく家にあるものを使って快適に車中泊をするために代替可能なものをリストアップしてみました

  • マット → 布団 or マットレス
  • シュラフ → タオルケット or 毛布
  • ランタン → スマホのライト

ないものは、買い揃える感じで、、、

悩む女性
全部うちにあるよ!

ってかたは、初期費用0円でそこそこ快適な車中泊を送れると思います。

車中泊でそれなりに快適に過ごしたいのであれば装備を揃えればよし、本当に低予算で済ましたいのであれば家にあるものを使えば良しといった感じです。

個人的には、災害に備えて車中泊セットなるものをまとめておくと、いざという時に役に立つと思います。

車中泊以外の低予算旅行のすゝめ

只今、準備中です。

まとめ

車中泊は初期費用がややかかるものの、やはり低予算で自分の好きなプランで旅を楽しめるからいいですよね。

なれてくれば、自分にあった車中泊の仕方もわかってくるので、たくさん色んな所に行きたいと思っている方には非常におすすめです。

回数を重ねるうちに無駄が削ぎ落とされていく感じがたまらないですね。

行きたいところ、食べたい物に最大にお金をかけられるところも素敵。

車にも愛着がわきますし、急な予定変更にも強いと行ったところも魅力の一つです。

しかし、低予算で旅をする方法は色々あります。

そこを模索しつつ自分なりに最高の旅をしてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

皆様よい旅を。

-車中泊

Copyright© くるま・おんせん.com , 2020 All Rights Reserved.