車豆知識

【給油時ポイントは1つ】初心者も安心!ガソリンスタンドは怖くない

悩む男性

車とって初めてのセルフ式ガソリンスタンド。ちゃんと給油できるかどうか不安。

そんな不安を解消します。

大まかな給油の流れとポイントを解説。

ガソリンを入れる手順から知っておくと便利なちょっとした豆知識も記載。

とりあえず、これだけ抑えておけば大きな間違いを起こさず給油できると思いますので、、、

この記事を読んでわかる事

  • ガソリンスタンドでの給油の流れ
  • 各ガソリンスタンドの給油方法を解説

後半では各スタンドでの給油方法について解説します。

この手順で何年も給油しているので特に危険もなく給油できるようになると思います。

最後まで読んでいただければ、安心してガソリンを入れられます。長距離ドライブの前にぜひどうぞ。

 

ガソリンの給油はそんなに難しいものではない

たしかに、初めての時はめちゃくちゃ不安で仕方なかったですが、一つのポイントさえわかっていればあとは落ち着いて機械を操作するのみ。

その一つのポイントというのは、給油口の位置を事前に確認しておく事。これに限ります。

ガソリンスタンドに車を入れる時、ノズルと給油口が逆だとマジでテンパります。そうならないためにも、事前に給油口の位置を確認しておきましょう。

ちなみに僕の愛車シャトルの場合は左側にあります。

とはいえ、車に乗ってしまって給油口の位置確認するの忘れた。なんて場合もよくあります。

【裏技】運転席から給油口の簡単な確認の仕方

ガソリンマークの横の矢頭に注目です。

矢頭のある方向が給油口のある方になります。

シャトルでは給油口は車体の左側にあるので、ガソリンマークの左側に矢頭があります。これで、運転席からも給油口の位置が確認できます。

これで車に乗る前に給油口の位置を確認し忘れても、安心してガソリンスタンドで給油することが可能。

ガソリン給油の手順

ガソリンを給油する手順を解説していきます。

とにかく、給油口と給油機の配置を間違えずガソリンスタンドに駐車できたなら給油は終わったようなものです。

後は、タッチパネルの指示に従って給油を行うのみ。

だいたいの流れは以下のとおり

  • 給油機の横に停車
  • エンジンを切る
  • 給油口開ける
  • パネルの指示に従う
  • 給油
  • 帰宅

こんな流れです。ちょっと解説していきます。

step
1
給油機の横に停車

給油口側を給油機に寄せて停車します

step
2
エンジンを切る

緊張していると意外と忘れやすいですがしっかりとエンジンを切りましょう。

step
3
給油口を開ける

運転席のどこかにある給油口マークがついてる取っ手を引き給油口を開けましょう

step
4
パネルの指示に従う

車から降りて給油機についているパネルの指示に従います。

ここでは、油種の選択や支払い方法などを選択します。

step
5
給油

指定した量の給油を行います。

給油が完了したら、内蓋→給油口の順でしっかり締めます。

締め忘れしないように注意。

step
6
帰宅

完了したので帰宅です。

見てもらったとおり駐車さえ出来てしまえばタッチパネルに従うだけなので本当に後は簡単です。

 

それぞれのガソリンスタンドの給油手順を解説

大手のガソリンスタンド の給油方法を解説していきます。

心配な方はご覧ください。

コスモの場合


 

エネオスの場合

現在、準備中です

 

 

シェルの場合

現在、準備中です

 

 

 

まとめ

初めてする事ってドキドキしますよね。みんなそんな気持ちです。

今回の最低限抑えておきたいポイント“給油口の位置”これだけはしっかり抑えておいてください。そうする事で安心してガソリンスタンド給油できます。誰でも最初は初心者なので落ち着いて給油しましょう。

僕自信もこの豆知識を教えてもらってから、友だちの車とかレンタカーとか慣れない車の給油も特に心配なく毎回できるようになりました。

みなさんもこれでストレスフリーですね。

これからも楽しいカーライフを満喫してください。

-車豆知識

Copyright© くるま・おんせん.com , 2020 All Rights Reserved.