車豆知識

【読書量3倍】Audibleを使った感想【良い点・注意点】

聴いて読書 Audible

なおや
Audibleってコスパ良いのかな、、、使い勝手とかどうなんだろう。読書が習慣化すれば良いのだけど、、、気になる。

実体験をもとにこんな疑問に答えます。

 

“成功者の殆どが読書家” 

 

なんて話を聞くように読書をしていろいろな人の考えや知識にふれることで人生の質が上がると僕も考えます。

とはいえ、読書している時間なんて今の生活にはない、、、

僕も長いことそんなふうに思っていて読書をしない日々を過ごしていました。

1日って意外とあっという間に過ぎていきます。

しかし今ではスキマ時間でAmazonの「Audible」を使うようになり、平均して30分程度、読書の時間を確保できるようになりました。

これから、Amazonの「Audible」の使用を検討している方に、次の内容で僕がボイスブックを使った感想をまとめていきます。

 

この記事を読んでわかること

  • 読書が苦手でも「読書家」になれるAudible
  • Audibleは文庫本などよりも割高
  • Audibleの使い方
  • 30日の無料体験で相性チェック
  • まとめ

 

読書をすることで人生はすごく豊かになります。Audibleを使って人生を豊かにしていきましょう。

 

読書が苦手でも「読書家」になれるAudible

Amazon Audible 本は聴こう

 

文字を読むことに抵抗があるもしくは、本を読んでいる時間がない。

このような悩みを持っている方にはAudibleを強くおすすめしたいです。

ボイスブックは文字を追う必要がないので「ながら読書」が可能で、音楽感覚で読書ができるんです。

みなさん音楽を聴く時間はありますよね。その時間をAudibleに変更すればOK。

 

  • 通勤時音楽を聞いている→音楽をAudibleに変更
  • だらだら昼食→Audibleをききながら昼食
  • 運転中ラジオ→Audibleをききながら運転
  • 寝る前のテレビ→寝る前にAudibleを聞く

 

これで少なく見積もっても1日30分は読書の時間に当てられます。メリットが多い。

参考までに僕がおすすめする書籍を少し紹介

 

Audibleは文庫本などよりも割高

文庫本を買うよりもコスパは良く無いと感じます。

基本的に文庫本と同じ価格では購入できません。

 

  •  仕事は楽しいかね→本=1,430円、Audible=1,960円
  • 多動力→本=550円、Audible=1,820円
  • 人を操る禁断の文章術→本=1,540円、Audible=1,750円

 

上の例のように、コスパがすごく良いとは言えません。

しかし、この程度の自己投資で人生が変わるのであればコスパは良い。

 

  • オーディオブック高いコスパ悪い文庫本にする時間無い。結局、本読まない→ストレス発散に無駄遣い→人生変化なし
  • オーディオブック高いコスパ悪いけど本読みたい無駄な付き合い・出費を減らす→浮いたお金で購入。1日30分のながら読書→人生変化あり

 

こうやって、本からたくさんの知識を入れることでその知識を活かしていけば今よりも人生豊かになる。

 

Audibleのサービス

実際にAudibleを使った感想は、

“Iphoneユーザーは少し購入が手間だけど、そのぶん無料コンテンツが充実していて良い。”

といった感じです。

 

  • Iphoneの場合、アプリでの購入は不可
  • 無料で使えるコンテンツ「Audible station」が無料と思えないほど有益

 

この2つについて少し解説していきます。

 

Iphoneのスマホアプリでは購入は不可

Iphoneを使用している方はボイスブックの購入はwebブラウザーでしかできません。

IphoneアプリのAudibleでは使用上スマホアプリは聴くことのみ。

 

  • webブラウザー→ボイスブックの購入・交換・返品
  • アプリ→ボイスブックを聴く・聴きたい本をウィッシュリストに入れる

 

このようにわけられます。

Iphone使用者の購入から聴くまでの実際の流れは以下の通りで、

 

  1. パソイコンでボイスブックを購入する
  2. スマホにアプリを入れてアカウントを同期する
  3. ボイスブックが聴ける

 

個人的には、スマホアプリでボイスブックの購入ができないのは結構不便だなと感じています。

そこに対しての対応策は、

 

  • webブラウザから購入
  • ウィッシュリストに追加して自宅のパソコンで購入

 

この2通りありますが、せっかちな僕としては“正直めんどいな”と感じています。

同じようなタイプの人はややストレスに感じる可能性があるので検討項目の一つに加えておいてください。

 

補足:読み終わった本を返品して新しい本を買うのはやめましょう

Audibleはコイン制なので返品してコインを再利用しようとすれば再利用できます。

とはいえ、コインを再利用して使うのはやめましょう。

そもそもAmazonが推奨していません。

 

Audible会員の皆様には、会員特典の1つとしてタイトルを購入後365日以内にご返品いただけます。

当会員特典はお客様のご理解の上に成り立っています。

本の貸し出しやオンデマンド(読み放題)制度ではないため、例えば、タイトルを聴いてみたらイメージと違っていた、ナレーターの声になじまなかった場合に返品いただき、改めてお客様に合った作品をご購入いただくことを目的としています。短期間における過度の返品など本特典の主旨から外れた利用はご遠慮ください。

会員の皆様には本特典の目的の主旨から外れて利用されているおそれがある場合は、Audibleからお問い合わせをさせていただく場合がございます。

なお、Audibleでは、「サンプルを聴く」の機能がありますので、ご購入の判断に役立ててください。

会員の皆様には本特典の目的をご理解いただいたうえでご利用くださいますようお願い申しあげます。

 

ボイスブックの返品は本当に気に入らなかった時のみにしたほうが良さそうです。

 

無料で使えるコンテンツ「Audible station」が有益

Audible会員限定で有益なものが無料で配信されています。

newspicksのなどで配信されているコンテンツを「Audible station」では、聴くことができます。

例えばこんなコンテンツがあって、

 

  • Weekly Ochiai
  • よしもと音声研究所
  • 落語のチャンネル
  • newspicksアカデミア
  • 20分で聞けるビジネス書チャンネル

 

ざっと見てもかなり有益そうなコンテンツが多く、この「20分で聞けるビジネス書チャンネル」だけ毎日聞いていてもかなり勉強になると思います。

 

30日の無料体験でAudibleとの相性チェック

Audibleには現在30日の無料体験があり、この期間中にしっかりとどんなサービスなのか把握しておくことが非常に重要です。

Audibleが自分の思っていた使用感と違うとか、料金のシステムに納得いかないとか、欲しい本がないとか使ってみて初めて分かることはたくさんあります。この記事を参考にしつつ自分で使った感じをしっかり確かめてみることをおすすめします。

僕が無料体験中に気になったことは以下のとおりで、

 

  • 欲しい本の品揃え
  • 料金
  • 使い勝手

 

このあたりは最低でも必要なチェック項目でした。満足いかない場合は他のボイスブックサービスを検討するのもありです。

現在はいろいろなボイスブックのサービスがあり、それぞれ使い勝手が違います。自分にあったボイスブックのサービスはかならず見つかるのでとりあえず試してみましょう。

 

まとめ:読書量を増やしたい人にはAmazonの「Audible」を強く勧めます

つらつらとAudibleを使用した感想を書いてきました。

Audibleは読書する時間がないと嘆いている方には非常におすすめです。

ちょっとしたスキマ時間にでも本を読むことができるので1日30分程度ならその時間を作ることができます。

とはいっても、Iphoneユーザーは少し使いにくい点があるので注意が必要です。

-車豆知識

Copyright© くるま・おんせん.com , 2020 All Rights Reserved.